買い物カゴをみる 会員ページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

電池式回転灯 乾電池 太陽光 バッテリー式 LED 電源が取れない場所のパトランプ

  • 電池式回転灯とは
  • 電源が取れない場所の回転灯
  • 電池式回転灯が生まれたきっかけ
  • 「電源が無い場所でも安全に作業を行ないたい。」

    国内の線路の総距離は、地球1周約4万kmに迫る3万kmと
    言われております。

    毎夜、線路上では列車が安全に運行するために、様々な検査
    が行なわれております。

    そのほとんどが電源が取れない場所です、そんな中で作業を
    安全に行なうには、
    「電源が取れない場所でも回転灯を使えないか?」と
    パトライト社に相談が持ち込まれたことが電池式回転灯の
    誕生のきっかけになまりました。


  • 電池式回転灯の利点
  • 〆蚤腓陵点は、電源が不要ですので、場所を選ばず使用できるということです。

    ⊆,棒瀉屬垢襪海箸簡単であるということ、導入後すぐご利用できます。
    通常回転灯を設置する際は、配線工事や電気工事などが必要です、が電池式回転灯の多くは配線不要の構造です。
    ボルトで固定可能な製品もございますが、大半の製品がマグネット取付を採用しているため、置くだけの簡単設置です。

    そして、多くの電池式回転灯製品が、LED・モーターレスを採用しているため、寿命が長いということ。
    回転灯の寿命は、モーターの寿命に直結します。回転灯のモーターの寿命は約5,000時間、対してLEDやモーターレスの回転灯は、約2万時間。約4倍、長く使用できる計算になります。 ※使用環境により製品の寿命は異なります。

  • 電池式回転灯が苦手なこと
  • 多くの電池式回転灯は日中や太陽光直下など明るい場所ではどうしても目立ち辛く感じられてしまいます。

    もともと電源の容量が少ない為、反射板とそれを回転させるモーターを搭載できない為です。

    ですが夜間や屋内の視認性については下部の動画のように視認性も低くなく、様々な場面で活躍しています。


    また、近年では電池式の欠点となる視認性についても点滅しフラッシュするタイプへ変更することにより、飛躍的に視認性を高めた機種も登場してきました。

    • 電池式回転灯の使用場面
    • 電池式回転灯がよく使用されている場面
    • 電池式回転灯がよく使用されている場面
    • 場所に制限されない点灯能力を持ち、だれでも簡単に設置でき、初めての設置などにもコストが抑えられるなどの理由から、        現在では線路以外にもニーズを広げ、建築現場や、道路工事、トンネル工事、マンホール、店舗内外などでも活躍しています。

    • 回転灯を初めて扱う方にも
    • 通常多くの回転灯は、コンセントに差し込むだけで点灯ということはなく、電気工事、配線工事が必要になってきます。

      その点、当店で取り扱う電池式回転灯製品のほとんどが、場面を選ばず設置でき、低コストでの設置運用、簡易的な設置も対応可能など、はじめて回転灯を使用されたい方などへも、おススメで大変取り扱いやすい製品であるといえます。

      その際のご利用は、店舗様や駐車場、一般家庭など、簡単な看板への広告宣伝に設置したり、注意喚起や防犯など様々な用途で、広くご利用いただいております。

      • 電池式回転灯の種類
      • 電池式回転灯の種類
      • 電池式回転灯の種類
      • パトライト社の製品の種類はおよそ2万点以上存在します。

        その中で電池で動く回転灯、電源が無い場所でも動く回転灯となりますと種類は絞られてきますので、当店で取り扱う株式会社日惠製作所の製品も合わせご紹介致します。
        パトライト社 日惠製作所

      • 製品の特性
      • 電池式の回転灯を求められる方々の共通のお悩みが、まず電源(AC/DC)が無い場所で使用できる製品ということですので
        まさに乾電池使用という方式に限らず、バッテリー式やソーラー式などもご紹介させていただきます。

      • 製品の特徴
      • 初期の電池式の製品は、ただ回転するだけのシンプルなものでしたが、現在では光源も電球だけではなく、LEDの製品も開発され、点灯方式も回転するだけでなく点滅(フラッシュ)するタイプも加わりました。
        また注意喚起や防犯に特化した、音声合成付きやブザー音付きのタイプ、珍しいところでは無線リモコンスイッチ対応の製品もラインナップに加わり、電源ありきの有線式の回転灯には出せない、電池式回転灯ならではの新たな魅力も加わってきました。

ページトップへ